東海道五十七次ネットワーク

東海道は、1601年(慶長6年)に徳川家康が幕藩体制確立のために、江戸から京都までの東海道に53の宿場を設置したことから始まりました。 一般的には、江戸〜京都間の、品川宿から大津宿の53宿場が知られていますが、街道は京都からさらに大坂までの伏見、淀、枚方、守口の4つの宿場を加えた57宿場で江戸〜大坂を結んでいました。 しかし、歌川 … 続きを読む 東海道五十七次ネットワーク