丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 自然薯のこと > 自然薯圃場視察2018秋

自然薯圃場視察2018秋

自然薯のこと

毎年行われる収穫前の自然薯生産者圃場視察。

先日の台風の影響を大きく受けていました。

被害1、収穫量の減少
ツルが切れたりして、成長が止まってしまう。(本来は11月なかばまで大きくなり、葉が落ちた後、土中で熟成期に入ります。)

被害2、経費増加
強風の影響で曲がったパイプなどは使えなくなるので、本来なかったはずの支出が発生する。

被害3、片付けの仕事が増える
本来ないはずの復旧作業で、余計に時間を使う。

これが一番辛いかも

被害4、精神的ダメージ
一年かけて大事にしてきた畑が一夜にしてこの姿に。

高い金額でちゃんと評価してあげるのが直接的な支援ですが。
レストランとしては原価高騰という反面も。


その他、こうした圃場視察会を開いたり、自然薯の羊羹など、とろろのアイテムを増やすことでその需要を増やすなど。
でもお互い、なくてはならない存在。

できる範囲内でそのバランスをとりながら、これからも応援していきたいと考えています。

丁子屋営業状況

7月6日(月)
11:00〜15:00
営業いたします。

7月より土日祝は夜営業の再開を考えていましたが、コロナの状況によりしばらくは
全日15時までの営業とさせていただきます。ご迷惑おかけしますがよろしくお願い申し上げます。

○自然薯&自家製白味噌
おうちでとろろセットなど通信販売しております。
詳しくはブログをチェックしてください。

トップに戻る