丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 2023年 > 5月
月別アーカイブ:2023年05月

face to face な関係性づくり

メディアに取り上げていただきました

 

しずおか焼津信金さんのweb CMがアップされました。
https://youtu.be/LjpWxiGNtQA

社長をやらせてもらって2年経ちますが、地域との関係性ってほんとありがたいなと思います。

 

で、「関係性づくり」って社内でも役割分担があるなと感じてます。

 

それは
・外に出る機会が多い自分(妻も含む)は対外的に地域や企業との関係性づくり(もちろん会社内での関係性づくりも大切)
・みんなはお客様、取引先、そしてスタッフ同士の関係性づくり

をしてるなと思います。

 

で、

1人1人が会社の顔であり、

個々の活動を通して、理念でもある「みんなが安心できる場所」を目指せればいいなと考えます。

 

 

まさに「face to face」なつながりの中で、

コミュニケーションを重ねていく。

 

 

自分の存在が誰かにとって「安心してもらえる場所」になったら最幸だなと思いました😊

 

 

あとこちら。

みんなが待ってたけど、他地域をつなげるということが難しくて、誰もできなかった取り組み。

信用金庫協会さん全面協力の「御宿場印プロジェクト」もよろしくお願いします!

 

#しずおか焼津信用金庫 #静岡県信用金庫協会

#facetoface #御宿場印 #丁子屋

 

6月10,11日花展「家康と花たち」

営業情報(イベントやお休みのお知らせ等)

●6/10,11日 

「家康と花たち」について

丁子屋で飾られている花は、池坊流の先生によって毎週飾り付けられています。

今回はその先生たちにより、丁子屋店内3ヶ所でそれぞれテーマに合わせた生花を楽しんでいただきます。構想から約2年、ようやく実現する展示会です。

●芭蕉さんの部屋

上の写真のような江戸時代、江戸城で生けられたであろう生花を再現します。

●資料室

丸子路をイメージした作品を展示します。

●一九さんの部屋

家康の秘薬、なすび、サクラソウなど、家康が好んだものをイメージした作品を展示します。

 

池坊について

京都で聖徳太子が587年創建したと伝えられる六角堂(頂法寺)は、 そこに花を手向けたことから「いけばな発祥の地」と呼ばれています。歴史でも有名な小野妹子が、池坊初代となり現在45代目池坊専永氏が家元に就いています。

 

●6/526

アユ&かつおだしとろろ食べくらべセット1日先着 平日5食/土日10食 限定販売 \3,300(税込)

花の企画展に合わせ、江戸時代の丁子屋が出していたであろう「アユだし」とろろ汁をご提供します。カツオ出汁と違い、よりワイルドな風味でより精がつきそうなとろろ汁です。

江戸時代当時は、玉子は使用していなかったと思われるため、玉子抜きで仕上げています。より出汁の味わいを感じることができます)

*アユだしとろろ汁は静岡市・藤枝市の日本遺産「駿州の旅」ブランド「駿州堂認定商品となっております。

 

 

 

#池坊 #丁子屋 #駿州堂 #徳川家康 #アユとろろ #聖徳太子 #池坊 #丁子屋 #駿州堂 #徳川家康 #アユとろろ #聖徳太子 

「現地・現物」工芸の宿さん内覧会に行ってきました。

丸子情報

JRに勤めてる友達がいて、「現地・現物」という言葉を大切にしていると聞いたことがありました。

もちろん報告などは大切だけど、

「やはり実際の場所に行き、実際のものを見る。」

そうすることで伝わるものも変わってくるし、情報だけでは伝わらないものがある。と、個人的に理解しています。

 

で、今回創造舎山梨社長のご好意で来月オープンの泉ケ谷地区(丁子屋より徒歩10分)にあるゲストハウスにお邪魔してきました。

泉ケ谷(丸子)の風景とともに、「静岡のものづくり」をちゃんと伝え、残したいんだと山梨社長から挨拶いただきました。

現地現物に加え、「現逢(ゲンホウ)」だなと感じました。逢って話を聞ければ、その想いがより伝わります。

※正しくは三現主義「現地、現物、現実」

 

こちらをチェックしてください↓

駿府の工房 匠宿さん

泉ヶ谷 工芸の宿さん

女将さんの広江さん(右)と、広報の鈴木さん(左)     広江さんは離島で民宿に関わった経験もあるが、そのことも含め大小様々なこれまでの経験が、この丸子で、そしてこの人の繋がりの中で生かせそうと話してくれました。

宿内は匠宿の工房長達の作品がふんだんに使われています。細部にまでこだわりを感じまくり、僕の知っている「丸子」じゃなく、どこかリゾート地に来た気分でした。

造り手の思いのこもった伝統工芸品に囲まれ、暖かくゆったりとした時間を過ごせそうです。

↑お茶染めのふすま

↑竹千筋のベッドの装飾

↑各棟には素敵なヒノキ風呂とサウナも完備。

 

↑夕食は人気店フレンチ「simples」さんで

 

そのほか周辺には、地域の雰囲気を生かしながらたくさんのお店が出来ていくようです。

やっぱ魅力あるお店があることが、まずはその地域の魅力創造につながりやすいんだなと感じました。

 

匠宿さんはじめ、まだまだたくさんの魅力が丸子にはあります。

ぜひ多くの方に知っていただき、実際に

「現地、現物、現逢」

を楽しんでいただければ幸いです。

 

丁子屋ショップサイト

丁子屋営業状況

5月24日(金)営業いたします
11:00〜14:00(L.O.)


※営業時間中は電話でのご対応ができない場合がございます。営業時間外にご連絡いただけるとスムーズです。

●ご予約
※基本的にご予約制ではありません

・お座敷の個室のみ有料でご予約お受けいたします(繁忙期を除く)
・お部屋料金 平日¥1,100 土日祝¥1,500
・4名様よりお受けいたします
・土日祝日は20名様以下
・入店は12:00までにお願いします
※お正月、G.W.、お盆、連休などの繁忙期はご利用いただけません。ご了承ください。
※お食事以外でのご利用はご遠慮願います。

●営業時間
平日  11:00〜14:00
土日祝 11:00〜15:00(L.O)
    16:30〜19:00(L.O)19:40閉店

●お支払い方法
クレジットカード各種、paypay、LINE Payをご利用いただけます


トップに戻る