丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 2020年 > 6月
月別アーカイブ:2020年06月

今後の営業予定

営業情報(イベントやお休みのお知らせ等)

7月から土日祝日は夜営業を再開する予定でしたが。

東京や静岡での感染状況を踏まえ、当面土日祝含む全日を11〜15時までといたします。

 

東京や県内外の状況を見た上で判断いたします。

 

◎8/8〜16(お盆期間)

営業時間は状況を見ながら判断いたします。

※13日は定休日

 

 

全室網戸を設置し、換気に注意しながら営業しております。

客席数を減らしてのご対応や、お客様退店後の客席のアルコール消毒など、コロナ感染防止のために従来より時間がかかります。そのため、混雑時には店頭や屋外でお待ちいただく場合がございます。

ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【通販ご予約受付中】6/21父の日にむかご焼酎と自然薯・味噌セット

営業情報(イベントやお休みのお知らせ等)

父の日に今だけのとってもお得なセット商品はいかがでしょう?

おと〜ちゃんいつもありがとう♫

 

「父の日セット」

①自然薯・味噌セット+②むかご焼酎+③むかご羊羹

¥5,400(税込)

※別途送料(¥1,100〜)+クール宅急便(¥220)がかかります

※お支払いは銀行振り込みか代金引き換え(¥300)かをお伝えください

 

①自然薯・味噌セット(通常¥3,240)

静岡県産自然薯・自家製白味噌・麦/とろろ汁のレシピ付

※同梱の白味噌を使用し、味噌汁を作っていただきます。出汁はカツオでも昆布・椎茸などでも風味が変わってきます。お好みでご用意ください。

※自然薯の味付けにはご家庭でウナギのタレや、めんつゆをご用意ください。

 

単品でのご注文も承ります。↓
https://www.chojiya.info/blog/post-2844

子供たちからお父さんに作ってあげてもいいし、せっかくならすり鉢囲んで、(ボールでもできちゃいます♪)みんなでとろろパーティーしてみてください。

ボールでとろろの作りhttps://www.chojiya.info/blog/post-2914

 

セット内容②むかご焼酎「むかごのめぐり」(通常¥1,925)

貴重な静岡在来自然薯のむかごを使った焼酎です。製造過程で出る絞りカスで堆肥を作り、その堆肥を使って自然薯を栽培する循環型農業に取り組んでいます。

昨年よりも飲み口スッキリと、自然薯の香りもほんのり楽しめる出来上がりです。

昨年の取組内容↓
https://www.chojiya.info/blog/post-1830

 

 

③むかご羊羹(通常¥800)

2017年クラウドファンディングの際生まれ、その後静岡県立大学の先生・自然薯農家さんと共同開発したお土産です。

これまでの取組↓
https://www.chojiya.info/blog/post-1935

むかご(自然薯の赤ちゃん/珠芽)には自然薯の十数倍なジオスゲニンという成分が含まれていることがわかりました。

 

ご注文は下のお問い合わせへご入力お願いします。(↓↓下をクリック!!)

★ 最後にお支払い方法(代引きor銀行振込み)をご記入ください。

お問い合わせ

マルヒデ岩崎製茶、岩崎さんからのお話。   

「昔よく親父に手伝いさせられたよ〜。『おい、ちゃんとすり鉢押さえとけっ!』って。

あれが嫌でしょうがなかったなー。しかもとろろでも、マグロ乗っけて山かけでも一緒じゃん!って。(笑)

でも今やってみると、親父がやりたがってたのもなんかるわぁ」

岩崎さん、5月だけで3回もとろろパーティしてくれました♪(ほぼ週1)

 

こんな時だからこそ懐かしみながら、
あるいは親子ではじめてのとろろチャレンジはいかがでしょうか?

普段なかなか言葉にできない「ありがとう♪」を添えて。

 

ーーー最後にーーー

むかごは在来自然薯の命をつなぐ大切な赤ちゃんです。羊羹や焼酎など、これらの取り組みは命のつながり、人のつながりがあったからこそ実現しています。

 

コロナ禍により世界的規模で様々な影響がでてますし、残念ながらたくさんの方が亡くなられてしまいました。改めてお悔やみ申し上げます。

 

今も苦しまれてる方、医療の最前線でご家庭の安全と仕事の使命とに直面し頑張ってる多くの医療関係者の皆さま。

 

僕たちもお客様やスタッフ、地域に対しての配慮をしながらの営業をしております。

 

1日も早く収束することをお祈り申し上げます。そして、誰もが幸せな日常に包まれることを切に願ってます。

【 6/5新発売 】しずまえ揚げデビュー

お料理について

昨年より自然薯とむかごいりのさつま揚げを提供しておりましたが

6月5日より

①自然薯&むかご入りさつま揚げ➡「丁子屋揚げ」と命名
        2枚/572円(税込)

②「丁子屋揚げ」に用宗産「アカモク」を加えた「しずまえ揚げ」デビュー
        2枚/627円(税込)

③両方ともテイクアウト可能!

 

さらに現在お土産も開発中♪

 

「しずまえ揚げ」

なぜ「しずまえ揚げ」???
➡用宗(しずまえ)産のアカモクを使用してるから

 

まずは「しずまえ」って?(静岡市HPより)

「しずまえ」とは、静岡市の駿河湾沿岸部(前浜)エリアの愛称。
静岡市には由比漁港・清水港・用宗漁港の3つの港があり、ここで水揚げされる魚介類を「しずまえ鮮魚」といいます。それぞれの港では、全国的に有名なものから「実は!」という隠れた絶品魚介まで、たくさんの「しずまえ鮮魚」が獲れます↓↓

https://machipo.jp/shizumae/about

 

そして「アカモク」って?
いままでは「邪魔モク」と呼ばれるほど漁師の中では邪魔でしかなかった素材(海藻)
➡数年前からは
フコイダンやミネラル、食物繊維、ポリフェノール、フコキサンチンなどのカロテノイドといった栄養素を豊富に含むスーパーフード!

しかも別名「海の自然薯」

用宗の漁師さんたちがこれを何とか活かせないか。
という思いがあり

丁子屋含む数店舗で「アカモク」を使った料理を提供するイベントを行いました↓
残念ながらコロナで半分くらいのイベントが中止となりましたが、多くの皆様の協力によりこんな取り組みも企んでいました。

 

用宗の漁師さんとGOLD BLUE川崎さん(左から2人目)←昨年立ち上がったばかりですが、アカモク専門に取り扱うという気合の入った会社さん

 

海の自然薯「アカモク」

(写真提供:GOLD BLUEさん)

先日発刊したFIEJAでも掲載いただきました。

 

 

店内では「丸子のとろろ」と「用宗のアカモク」の紹介パネルも展示しています!

左:14代目嫁と右:丸子まちづくり協議会近藤理事長

丁子屋営業状況

7月11日(土曜)
11:00〜15:00
営業いたします。


7月より土日祝は夜営業の再開を考えていましたが、コロナの状況によりしばらくは
全日15時までの営業とさせていただきます。ご迷惑おかけしますがよろしくお願い申し上げます。

○自然薯&自家製白味噌
おうちでとろろセットなど通信販売しております。
詳しくはブログをチェックしてください。

トップに戻る