丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 丁子屋のなかのこと > ご挨拶

ご挨拶

丁子屋のなかのこと

この度 令和2年10月12日( 歌川広重さん命日 /松尾芭蕉さん旧暦命日)をもって取締役社長に 就任し これを機に創業者である「丁子屋平吉」の名前を復活し引き継ぎさせていただくことになりました。

前任の柴山馨は代表取締役会長に就任いたします。

丁子屋は慶長元年(1596年)創業から425年目、1970年に法人となって五十期を迎えました。

関係各位の皆様のお力添えのおかげで長きにわたり商いを続けることができました。その間にいただいたご厚情の大きさをあらためて感じここに深く感謝いたします。

 

そしてこの度日本遺産にもなった東海道

その風景を守りつつ、新しい歴史を積み重ねていけるよう精進いたします。

今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

先日より全スタッフ1人1人と僕たち夫婦2人で社内面談をしています。

コロナ禍の先行きの見えない不安が常にあります。

それでも丁子屋として、これからどんな会社にしたいのかを伝えてます。

同時に一人一人が自分らしく、そして楽しく仕事ができているのかを事前アンケートを取りながら聴いています。

 

従業員みんなが仕事も人生も楽しめる会社にしたい

①お互い助けあい補い合って仕事ができる会社

②プライベートを尊重した雰囲気を作り休みをとりやすい会社

③多様性を認める。それぞれの価値観があり、みんな同一ではない。

 

そんなことを伝えながら、アンケートとしては

・スタッフ同士協力的に仕事ができているかどうか?

・休みや担当もお互い交代しやすい環境ができているかどうか?

・スタッフや上司とコミュニケーションがとれているかどうか?

・自分の意見が一部でも反映されているかどうか?

・上司の指示や会社としての考え方が理解できているかどうか?

・意見が言いやすい環境であるかどうか?

・丁子屋では自分らしくいられているかどうか、丁子屋で働く自分のことが好きかどうか?

・実は他にやりたい仕事がある?

 

など、12項目の質問があります。

それと会社の「好きなところ」「嫌いなところ」を書いてほしいと。

 

「今まではこうだった」「みんなこうしてる」

といった誰かの「当たり前」を立ち止まって見直し、これから僕たちはどうしたいか。

この先の未来にどんな会社を残したいかを考えようという思いを込めてます。

 

 

ただこうして機会を設けてみると、実はそんな場がほとんどなかったことに気付きました。

それを反省しながら、対話を重ねることの大切さを再確認しました。

 

~関係性と価値の見直し~

 

まだまだやるべきは多いですが。

今に感謝し、足りない所を認めながら、みんなでともに成長していきたいと思っています。

大なり小なりの失敗をしながら成長につなげていければと思います。

 

そして

お客様やいろんなご縁をいただいている皆様からはより一層のご指導をいただきながら、今を積み重ねていければと思います。

 

 

最後に

丸子のとろろ汁が登場する十返舎一九さんの「東海道中膝栗毛」

そこに描かれたのは弥次さん、喜多さんが訪れたとろろ汁店の店主と女将が夫婦げんかをしているシーンです。

 

お客様には
「実はこの後夫婦は仲直りしてるから、命がつながって僕の今があります」なんて言ってますが。

 

上記アンケートも奥さんとの話の中から導き出したものです。

 

誰かのせいにしていてもしかたない。

自分の人生は自分で作らなきゃ!

 

と、さらりと言って実行していく彼女の存在は、僕にとって一番の強みなんだと思っています。

 

ということで、そんな奥さんとスタッフと共にあの浮世絵のような風景を目指して

425年目からの丁子屋を頑張っていきたいと思います。

今後とも末永くよろしくお願いします。

 

 

丁子屋ショップサイト

丁子屋営業状況


10/22(木)
本日定休日

明日10/23は営業いたします。
11:00〜15:00
※14:30〜ご飯がなくなり次第終了いたします。
10/23(木)は定休日です。


●Go to トラベル
地域共通券ご利用可能になりました
(紙,電子クーポン)
●GotoEATプレミアム商品券は10/26より受付開始(ネット予約は受付不可)

●通信販売サイト10/1オープン!
自然薯や自家製白味噌、自然薯・むかごを使った丁子屋焼き(どら焼き)など丁子屋土産を直接お買い求めいただけます。


https://chojiya.shop-pro.jp/

【今後の営業予定】
土日祝のみ16:30〜19:00夜営業再開いたします。

トップに戻る