丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 丁子屋と歴史 > 丁子屋8代目(1861生まれ)菊蔵さんの写真入手

丁子屋8代目(1861生まれ)菊蔵さんの写真入手

丁子屋と歴史

親戚のおじさんから貴重な写真をいただきました。

 

そこで分かった新事実。

 

丁子屋平吉は5代目までがその名を名乗っていたらしい。(初代から名乗っていたという証拠を探してます)

そしてこの8代菊蔵さんのお父さん7代目「平七」さんがちょうど歌川広重さんが描いた頃に現役だった人物だったと推測される。

 

おじさんがどこから調べてきてくれたのかキレイにまとめてくれてました。

 

文久元年(1861)生まれの8代菊蔵さん

「東京のとろゝ汁はすましを使ふさうぢやが、わしのところは昔から味噌汁ぢや、然しその味噌もお手製なのぢや、とろゝ汁の『味』は味噌をつくる『腕』にあるのぢやよ」

今も言ってることは変わってません。

 

記事が書かれたのは1936年頃でも

「時代の遺物のとろゝ汁をめづらしがつて寄つてくれるのでお陰で繁昌しまさァ」

 

これから先、時代が進めば進むほど

生きた化石のように「街道の名物茶店」として

皆さんに楽しんでもらえればいいなと思います。

丁子屋ショップサイト

丁子屋営業状況

5/8(土)
本日営業いたします
11:00〜15:00
16:30〜19:00


●営業時間
平日11:00〜14:00
土日祝11:00〜15:00
   16:30〜19:00

●ご予約
個室のみご予約お受けいたします。
平日¥1,000/土日祝¥1,500
別途お部屋代をお願いいたします。
※ 繁忙期はお受けしかねます。
ご了承お願い申し上げます。

トップに戻る