丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 十四代目のひとりごと > ご挨拶

ご挨拶

十四代目のひとりごと

今年も大変お世話になりました。

 

あっという間の一年でした。

 

長くはなりますがズラッと忘備録として一年を振り返りたいと思います。

 

飲食部門としては

○味噌工房ができ、駐車場トイレ、売店(カネカ園さん)も新設。

○その味噌を使った静岡和牛の丁子屋味噌漬けローストビーフが地元スーパー「しずてつストア」さんの精肉部門で社内投票1位を獲得!(真光さん、しずてつストアさん)

○廃棄されてたむかごを活用して焼酎の開発への協力も行いました(杉村さん、杉井酒造さん、販売協力いただいたとろろレストランととろさん、匠亭さん、一松園さん、酒販業者さん、生産者のみなさん)

そこからの発展として陶芸家の杉村参郎さんのむかごの酒粕を活用した堆肥作りも支援してます。循環型農業の実現も遠くありません。

○大学生と半年間、一緒に商品開発を行い「丁子屋焼き」という新名物ができました。

 

そして現在、冷凍の味付けとろろを開発中。

 

イベントとしては

丁子屋の空間でやりたい!という皆様とのご縁が増え、今年実現したイベントには

○雅楽(花舞鳥歌風遊月響雅楽団さん)

○ててて往来会(共生実行委員会×ててて協働組合さん)

○こだわり家具の展示&販売会(金鱗さん、すまうとさん、木工芸牧野弘樹さん)

○とろろ寄席開催(次回1/25土曜)

○アコースティックライブ(拝郷メイコさん「トシノセツーリスト2019」)

あとは今までになかったこととして

お話をさせてもらう機会も何回かいただきました。

○地方創生経営者フォーラム/主宰チエノワさん

○ライフツーリズムフォーラム/TSJさん

などなど。

 

 

そして一番大切な現場では

○ありがたいことに若いスタッフも増えました。

○ミーティングを重ね、みんなの意見を反映できる環境作りも進んでいます。

その結果

○「丁子屋御膳」

→年末からは厨房の意見で、季節ごとに変わる箱膳も提供が始まりました。

 

地域でも

○発展しよー会発足:丸子で楽しく商売する皆さんの集まりです。

➡︎現在、小学5年生130名とのコラボ企画実施中。小学生自らが自分たちの地域の自慢を発信します!

○丸子まちづくり協議会商工部会発足

➡︎用宗アカモクプロジェクトにて、丸子内8店舗のとろろ提供店が連携しはじめました!今朝の朝刊でも掲載頂きました。

 

 

 

多くの方の意見や、力をお借りしやってきた2019年も昨日無事に営業を終わりました。

 

お客様をはじめ、関わってくれた多くの皆さまに感謝申し上げます。

 

 

そして来年2020年10月12日

自分、柴山広行は事業継承し、代表にならせていただいきす。

 

 

この日時には

お伝えしたいいろんな意味があります。

 

まずは10月12日が

歌川広重さんの命日であることから、この日を事業継承の日と決めました。

やはりこの絵一枚あったお陰で今の丁子屋があり、これからの丁子屋がブレずに進んでいける道筋になってると思います。

 

さらには

旧暦や10月12日は松尾芭蕉さんの命日、

9月12日は十返舎一九さんの命日でもあり、自分の誕生日でもあります。

 

2020年という年も

ご存知のようにTOKYOオリンピック開催 

 

そして丁子屋の茅葺移築50年&法人化50年

 

となってます。

 

 

とは言え、

個人的には今年家族旅行でアメリカも行けたし。キャンプもまた行きたいし。富士山も家族で登りたいな〜

とも思いつつ。

 

引き続き

家族や社員、地域(丸子・静岡・東海道など)を大切に、時間とお金の出口を考えて楽しんでいきたいと思います。

 

今年も最後までありがとうございました。

皆様にとって来年も素敵な年でありますように。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

柴山広行

 

丁子屋営業状況

7月5日(日)
11:00〜15:00
営業いたします。



7月より土日祝は夜営業の再開を考えていましたが、コロナの状況によりしばらくは
全日15時までの営業とさせていただきます。ご迷惑おかけしますがよろしくお願い申し上げます。

○自然薯&自家製白味噌
おうちでとろろセットなど通信販売しております。
詳しくはブログをチェックしてください。

トップに戻る