丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > イベントレポート > カッキー&岩崎先生 1/30ラジオ出演 〜丁子屋焼きのその後~

カッキー&岩崎先生 1/30ラジオ出演 〜丁子屋焼きのその後~

イベントレポート

その後の丁子屋焼き情報

 

①開発に関わった大学生リーダー(カッキーこと柿宇土くん)とその先生(岩崎先生)がラジオ出演!

ぜひ聞いてください。

ーーーーーーーーー
1/30(木)朝7時24分から約10分

SBSラジオIPPO「三枚おろし」

インターネット:ラジコでも放送終了後聞けるそうなので、お時間あれば聞いてください!お願いします。

http://www.at-s.com/sbsradio/program/ippo/

 

②丁子屋・県立大学売店・掛川駅「これっしか処」さんにて1.5か月で2,000個販売!

 

 

写真は先月県立大学さんにて行われた発売イベント。

学生チームの頑張りと産学連携室の皆さんのご協力により用意した200個は即完売!

応援に駆け付けれてくれた岩崎先生、実は一足遅くこの日は買えませんでした(後日お買い上げいただきました)

 

この時の様子は静岡新聞さんでも取り上げていただけました。

https://www.at-s.com/sp/news/article/local/central/714772.html

 

そしてそのイベント後の大学生によるお店コンサルティング取組発表会!

 

せんせいはもちろんですが、

みんな堂々とした発表ぶり!
自分が学生のころ、というより今でもこれだけしっかりとはプレゼンできないだろうな~という感じでした。

 

その他3チームの発表もすばらしく、

 

素晴らしいのは発表だけでなく参加店舗によっては

・店舗名を変更

・メニュー・お品書きすべて変更

・店舗レイアウト変更

などプロ顔負けの大胆なコンサルぶりなんですが。

 

そのおかげで売り上げ二倍になった参加店もあり、今まで気づけなかった時点の強みと経営課題に気付けた店舗もあり、
個々に収穫のあった「大コン事業」でした。

 

でもみんなの活動を振り返ってみると、大学生たちは

・お客様目線でアンケートを取る

・その結果によりそった商品や情報の提供

 

と、とてもシンプルにお客さんに寄り添って、その声を店舗の強みに生かせるように形をかえて

お客様や店舗側に伝えてくれたんだと思います。

 

自分たちにとって当たり前なコトでも、

実は価値あるものなんだと、
そしてそれを磨き上げて表現してくれてる取組なんだと思いました。

 

ありきたりですが

「よそ者・若者・馬鹿者」の声って宝物なんだと実感しました。

 

皆さん1年間お疲れさまでした!
来年度は今回リーダーになった3年生が4年生。後輩たちの応援をする側です。

自分の経験を次代に生かせるステキな仕組みで「大コン事業」は続きます。

バックアップしてくれてる静岡市行政にも感謝ですね。

 

 

 

さらに丁子屋メンバーのうち3年生2人は

12月発表会2日前に東京で行われた

知財活用アワード2019にて優秀賞受賞の快挙!

 

素晴らしい〜!

 

地域のことを考えて、今あるものを活用して課題解決していく、

自分(今年42歳)の二回り後にはこんなパワフルな世代が待っているとおもうと、

 

何もできてなくて焦る中年おやじです(^^;

 

#静岡県立大学

#岩崎ゼミ

#丁子屋焼き

#自然薯

#むかご

#静岡市

#大コン

#静岡県はとろろ県

 

丁子屋営業状況

7月7日(火)
11:00〜15:00
営業いたします。

7月より土日祝は夜営業の再開を考えていましたが、コロナの状況によりしばらくは
全日15時までの営業とさせていただきます。ご迷惑おかけしますがよろしくお願い申し上げます。

○自然薯&自家製白味噌
おうちでとろろセットなど通信販売しております。
詳しくはブログをチェックしてください。

トップに戻る