丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ

11/25,26 ひっさしぶりに落語イベントやります

営業情報(イベントやお休みのお知らせ等)

ひっさしぶりに落語イベント行います!

 

11/25,26お江戸な秋の楽市                     
<ON STAGE SHIZUOKA 公認イベント>

 

寄席小屋「むかご亭」

(25日・金のみ)

場所:丁子屋店内「一九さんの部屋」(登録有形文化財)

木戸銭:1000円 

①11時開演

②13時半開演

・公演時間どちらも60分くらい

・各回25名定員

・予約受付 Facebookページより

出演:三遊亭楽八(落語)

 

お江戸な楽市 

駐車場や玄関までの通路などでのお江戸なマルシェ

出店予定

・大和高原~うめのき農園さん(フルーツ、梅干し、農産品、筍など)

・焼津~まつのき農園さん(お野菜いろいろ)

Hoshigumiさん(ドライフルーツ、もぐさづくりワークショップ、羽草ビールなど)

・いとう染工さん(藍染め作家)

・ちょもり火さん(竹細工作家※ミニワークショップも有)

 

#丁子屋 #ONSTAGESHIZUOKA #とろろ寄席 #むかご亭 #丸子宿 #落語 

半期に一度の全スタッフ面談始まります。

丁子屋のなかのこと

●個人面談

丁子屋では半期に一度、社員さん、アルバイトさん、シルバー人材さんなど全スタッフと、妻と私との個人面談があります。

評価基準がない頃は、「あいつはあれをやってないけど、俺はやってる」みたいな、誰かとの比較で自分の評価をさせちゃってる部分があって。

でも本当はみんな頑張ってる。その頑張り方に「共通のものさし」を作ろう!というのが始まりでした。

普段落ち着いて話を聞く機会がないのと、直接日頃の感謝を伝える場として1人20〜30分の時間を設けてます。

 

●自己評価シート

その前に、各自普段を振り返る自己評価シートを記入してもらってます。

➡各ポジションの社員より日頃の様子を聞き、僕には見えてない現場サイドから見たその人の頑張りを聴取

➡最終的に個人面談の場でフィードバック

今年から、心の安全を確認するために少し質問を増やしました。

「わかりません」が素直に言えたり、

「お願いできますか?」って頼むことって、割と気を遣っちゃったり、できなかったりすることが多くて。

 

でも最初からわからないのは当たり前だし、1人でできることって限られてるし。

気軽に聞けるって結構安心につながるんだろうなと思います。

 

それと、

下記グラフは静岡県の人口構成(2020年版)

在籍スタッフをだいたいで赤丸つけてみました。幅広い世代が頑張ってくれてるのがわかります。

みんな育ってきた環境がまるで違ってくるので、当然ですがそれぞれの「当たり前」が違ってきます。

となれば、ある程度お互いの考え方、気持ちなども共有した上でないと気持ちの良い仕事は成り立たないものです。

 

だからこそ、

お願いし合える関係ってできたらいいなと思います。

参照:静岡経済研究所発行「調査月報2022」

 

全てはスタッフも生産者も家族もお客様も「みんなが安心できる場所」を描いてくれた「浮世絵の風景」を目指して、

その風景を50年後も100年後も体現していくための取り組みだと考えてます。

ほとんどの問題はコミュニケーションが解決してくれると信じてます。

 

さらに

記入したシートを入れてもらうのは「地球暦」のケースです。

 

可能性は無限大

自分の可能性を信じたいから、まずは人の可能性を信じられる人になりたいなと、

 

そんな思いを込めて、記入したシートの回収ボックスとしてこんなん作ってみました。

 

「食の新メニューコンテスト」グランプリ受賞!

メディアに取り上げていただきました

少し前になりますが静岡県観光協会さん主催

「旅行者を笑顔にする食の新メニューコンテスト」に参加し、ありがたいことにグランプリを受賞いたしました。

 

SBSさん(放送していただいた動画あります↓)

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/sbs/182899?display=1

 

静岡県観光協会ホームページ

https://hellonavi.jp/association/info/20220801_shokucompetition.html

 

【団体旅行グランプリ】

とろろ汁 鳴くまで待てぬは 腹の虫~むかごご飯と令和版静岡グルメ~

この商品は僕一人の力では全然なくて、厨房スタッフそれぞれがアイデアを出し合い、上手にまとめたものでした。

みんなおめでとう!&ありがとう

 

 

~~~ちょっと解説をすると~~~

家康公が開府してからはや400年。

その同じ時代を歩んできた丁子屋が「もし今、家康さんが生きていたら、丁子屋として食べてもらいたい令和版静岡グルメ」を集めてみました。

・自然薯の赤ちゃん(元気の源)の『むかごご飯を使ったとろろ汁』

スーパーフード用宗産「アカモク」と自然薯&むかごを使ったさつま揚げ『しずまえ揚げ』

・静岡のブランド和牛「しずおか和牛」を丁子屋自家製白みそで漬け込んで、肉のうまみを引き出した『味噌漬けローストビーフ』(現在冷凍販売は休止中)

 

とろろや味噌はもちろん知ってるはずだけど、アカモクや静岡和牛など令和の静岡グルメはもちろん初体験!

鳴くまでまとうの家康さんでもその「腹の虫」は待てなくなっちゃうのでは???

という内容です。

 

タイトルのヒントをいただいた静大小二田先生とそのお友達の先生、ありがとうございました!

今度なんかお礼します(^^♪

ということでこの商品は現在、県観光協会さんにより各旅行会社さんにPRしてもらってます。

(団体専用/期間限定商品です)

合計70エントリーから【個人旅行】【団体旅行】それぞれに5つの事業者さんが受賞!

皆さんおめでとうございます!

グランプリは本当にラッキーでした。皆さんすごく工夫されてて、浜松から伊豆まで静岡の魅力がいっぱい詰まった商品ばかりでした。食の都静岡はまだまだ、ポテンシャル高いですよ~。

 

受賞された皆さん以外にも参加されたすべての事業者さん、全員がチーム静岡。

県内外の皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

【個人旅行グランプリ】

静岡グルメスペシャル10桜えびやしらす盛り込み(入船鮨葵タワー店さん)

【団体旅行準グランプリ】御殿場家康御膳(旬膳処 茶目さん)

【個人旅行準グランプリ】静岡頂上丼~メギス・本海老・富士山サーモン~(株式会社村の駅さん)

【団体旅行特別賞】よしのぶ御膳~徳川慶喜公と家康公の好物を集めてみました~(浮月楼さん)

【団体旅行特別賞】健美薬膳ランチ(中国料理 鳳凰さん)

【団体旅行特別賞】出世城(THE HAMANAKOさん)

 

【個人旅行特別賞】家康が愛した「お愛の方」ふるさとの味 しあわせ野菜畑のオーガニックランチ(irie caféさん)

【個人旅行特別賞】静岡抹茶ティラミスの巾着風クレープ包み(グランドホテル浜松さん)

【個人旅行特別賞】ホップ・ステップ・桜シュリンプ(丼)(鮨処やましちさん)

 

 

 

 

当日の様子

 

緊張した審査発表

 

#静岡県観光協会 #どうする家康 #徳川家康 #丁子屋 #とろろ汁 #静岡県はとろろ県 #むかご #アカモク

丁子屋ショップサイト

丁子屋営業状況

2月2日(木)定休日です。

●全国旅行支援 利用可
電子クーポンのみご利用可能
(紙クーポンはご利用いただけません)

●ご予約
個室(お座敷)1日1組のみ有料でご予約お受けいたします。
平日¥1,000 土日祝¥1,500 /1部屋
※お正月、G.W.、お盆、連休などの繁忙期はご利用いただけません。ご了承ください。

●営業時間
平日  11:00〜14:00
土日祝 11:00〜15:00(L.O)
    16:30〜19:00(L.O)

●お支払い方法
クレジットカード各種、paypay、LINE Payをご利用いただけます


トップに戻る